つるぎ堂・九ポ堂・knotenによるユニット。
活版印刷によるイベント、たまにやります。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< DMの紙選び。 | main | ワークショップ打ち合わせ >>
DM印刷
 今日は、knotenリーダーが勤めている印刷屋J堂に集合し、DM印刷の立ち会いをしました。

朝一で、宛名面が刷ってある2500枚のハガキが到着。
印刷は、つるぎ堂が担当。


表面の樹脂凸版。(製版:いつも大変お世話になっております真映社さん)
表面は、2色刷りです。


B Three という大きな活版印刷機で、刷ります!
この機械が、どんな風に動くのか全く想像がつきません。


色決め。


0.5ミリでもずれていると、おかしく見える図柄なのでシビアに検討。
紙の位置決め、版の調整にすごい時間がかかりました。
途中、ハプニングが多々ありましたが(笑)、3人がかりでなんとか調整できていざ印刷。


ガッシャン、ガッシャンという音がたまらなくよかった。
小柄で華奢なknotenリーダーが、こんな大物を扱っている姿がかっこ良かった!
(た、たくましい。。。)

まず1版、刷り終わり。


2回目の版は、印刷がすごいスムーズにいきました。
できあがりは、こんな感じ。
絵日記なので、文字や絵は鉛筆っぽい色にしたいなと思い、シルバーに少し黒を混ぜた色に。
狙った通り、光の加減で黒鉛に近い感じに見えます。


くわえのために、下に10ミリ多く紙をとっているので、それを断裁して出来上がりです。
これから配ったり、送ったりするのが楽しみです。

(つる9テン)


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://tsuru9ten.jugem.jp/trackback/5
TRACKBACK